初心者が丹沢大山をケーブルカーを使わないで登ってみた

山頂からの景色

こんにちは、こやです。

「丹沢の大山をケーブルカーを使わずに登ってみたい」
「登山初心者なんだけど、大山の山頂まで登れるか不安」

という方のために、初心者の私がケーブルカーなしで登ったときの様子をまとめました。

はじめに

私の登山レベル

うなだれる子供

小学生くらいのときに、両親と近くの山に登ったのが、ちゃんとした登山の最後です。
あとは、社会人になって1度だけ秩父の山に行きましたが、途中で引き返しました。

要するに、完全な初心者です。

加えて、普段はほとんど運動をしません。
通勤のときや休日に子供と遊びにいったときに、少し歩くくらいです。

同行者の登山レベル

同行者

シーズン中は一人で何度も山に行くぐらい、登山が好きな人です。
ときには、往復で10時間以上かかる山に登ることもあるみたいです。

私には判断できませんが、おそらく、中級者以上のレベルはあるのではないでしょうか。

ルートの調査や行程表の作成など、難しいことはすべてこの人がやってくれました。
逆にいうと、初心者の私に今回のルートをチャレンジさせたのも、この人です。

ルート

同行者いわく、「行きと帰りが同じルートだとつまらない」とのことです。
そのため、今回は、登りと下りのルートを変えています

登りのルート

大山登頂のルート
出典: 大山ケーブルカー

上のマップのピンク色赤色のルートを使用しました。
さらに、車を第1駐車場に停めたので、そこからバス停まで歩いています。
ケーブルカーは使用しておらず、すべて徒歩のルートです。

具体的には、次のとおりです。

伊勢原市営大山第1駐車場大山ケーブルバス停
大山ケーブル駅大山寺
阿夫利神社下社富士見台 (20丁目)
ヤビツ分岐 (25丁目)大山山頂 (阿夫利神社本社)

下りのルート

大山登頂のルート
出典: 大山ケーブルカー

上のマップの青色ピンク色のルートを使用しました。
さらに、車を第1駐車場に停めたので、バス停からそこまで歩いています。
ケーブルカーは使用しておらず、すべて徒歩のルートです。

具体的には、次のとおりです。

大山山頂 (阿夫利神社本社)見晴台
二重の滝阿夫利神社下社
大山寺大山ケーブル駅
大山ケーブルバス停伊勢原市営大山第1駐車場

なお、今回は、紅葉ライトアップの時期を狙って登りにいきました。
そのため、下山しながら、阿夫利神社下社と大山寺でライトアップを見てきました

阿夫利神社下社のライトアップ丹沢大山のライトアップの時間は?ケーブルカーの終電は?

登山の様子

登りの様子

伊勢原市営大山第1駐車場~

大山第1駐車場
同行者のリクエストで、山から一番遠い第1駐車場に車を停めました。

伊勢原市営 大山第1駐車場丹沢大山を登山するときの駐車場のおすすめは?混雑時のおすすめは?

大山第1駐車場
平日にもかかわらず、駐車場はほとんど埋まっていました

ハイキングコース案内図
ハイキングコースの案内図です。
私たちは、頂上まで歩くつもりなので、ハイキングではなく登山ですね。

ウォーキングマップコースガイド
ウォーキングのコースマップもありました。

大山第1駐車場
第1駐車場から第2駐車場までは、570メートル離れているそうです。

バス停に続く道路
まずは、第2駐車場 (≒大山ケーブルバス停) を目指して歩きます。

コインパーキング
途中、市営ではないコインパーキングもありました。

大山ケーブルバス停~

大山第2駐車場
第2駐車場です。
すぐ手前には、大山ケーブルバス停があります。

大山第2駐車場
第2駐車場の方が山に近いので、第1駐車場 (600円) よりも少し高くなっています。

大山第2駐車場
平日にもかかわらず、第2駐車場は満車でした。

大山観光案内所
第2駐車場の目の前にある、観光案内所です。
ここからケーブルカー乗り場まで、徒歩で約15分とのことです。

こま参道入り口
こま参道です。
ここから、大山ケーブル駅に向かって歩いていきます。

こま参道のお店
こま参道は、道の両脇にいろいろなお店があります。

こま参道のお店
ここは、お土産屋さんですね。

こま参道のお店
旅館のとうふ料理屋さんなんかもあります。
それにしても、階段がキツイです。

こま参道のお店
こちらは、民芸品のお店です。

こま参道のお店
こちらは、こんにゃく屋さんですね。

こま参道の階段
階段には、ちょこちょこメッセージが書いてあります。

こま参道のお店
こちらは、おせんべい屋さんでしょうか。

こま参道の階段
疲れを紛らわすためか、階段にはクイズも書いてあります。
大山ケーブルの開通日は、さすがに分かりませんね。

こま参道の階段
正解は、昭和40年7月11日だそうです。
執筆時点で、53年以上経過しています。

大山ケーブル駅
そんなことを考えているうちに、大山ケーブル駅が見えてきました。

大山ケーブル駅~

ケーブルカーのりばの案内
ケーブルカーのりばの案内です。
小さい階段を上った先にあります。

大山ケーブル駅
大山ケーブル駅です。
歩くよりもケーブルカーを使う人の方が多いので、駅はとても混んでいました。

女坂への入り口
私たちは歩くので、ケーブル駅を横目に、女坂の入り口に向かいます。

季節外れの桜
11月なのに、桜が咲いていました
詳しくないのですが、そういう品種もあるのでしょうか。

季節外れの桜
見ているだけで、少し癒されますね。

女坂と男坂の分岐点
男坂と女坂の分岐点です。
男坂だと大山寺に行くことができないので、今回は女坂を選びました。

女坂の入り口
女坂の入り口です。

廃墟
途中、廃墟がありました。
雰囲気がちょっと怖いですね。

女坂
こんな感じで、山の中を歩いていきます。

熊出没注意の看板
途中、熊出没注意の看板がありました。
目撃情報が複数あったようなので、鈴を付けて歩くようにした方がよいかもしれません。

女坂
下には、小さな川が流れていました。

女坂
川の上にかけられた橋です。
なんとなく雰囲気があって好きです。

女坂
この辺はまだ余裕があったので、写真もたくさん撮っています (笑)

女坂
気持ちいいくらいの大自然ですね。

女坂
階段は結構急なので、初心者の私にはしんどかったです。

紅葉の下のお地蔵様
紅葉の下に、お地蔵様がありました。
いい雰囲気ですよね。

紅葉
紅葉したもみじの葉っぱです。

小学生が書いた看板
小学生が書いたと思われる看板です。
時期になると、あじさいも咲くのでしょうか。

小学生が書いた看板
こちらも、小学生が書いたと思われる看板です。
たしかに、大山の紅葉はとてもきれいでした。

大山寺~

大山寺の前不動
大山寺の前不動です。
お参りされている方がいました。

大山寺の前不動
前不動のアップです。

大山寺の倶利伽羅堂
前不動のとなりにある、倶利伽羅堂 (くりからどう) です。

大山寺の紅葉
大山寺の近くになると、あたりの紅葉が本格的になってきます。

大山寺の案内図
大山寺の前の階段まで来ました。

大山寺前の階段
下から階段と紅葉を撮ってみました。
まだ紅葉していないところがありますね。

大山寺前の階段
上から階段と紅葉を撮ってみました。
たくさん日が当たるからか、上の方が紅葉がきれいですね。

大山寺の紅葉
紅葉だけ撮ると、こんな感じです。

大山寺の本堂
大山寺の本堂です。

大山寺の彫刻
本堂には、木で作られた龍の彫刻があります。

大山寺の彫刻
こちらは、神様の彫刻でしょうか。

玉こんにゃく
大山寺では、玉こんにゃくが売られていました。
山形に住んでいたことがあり、よく売られていたので、ちょっと懐かしいです。

大山寺のかわらけ投げ
厄除けの土器 (かわらけ) 投げです。

大山寺のかわらけ投げ
かわらけは、本堂前で購入します。

大山寺のかわらけ投げ
投げ場の下に輪があり、投げたかわらけが中をくぐれば、幸運をもたらすとのことです。
中をくぐらなくても、厄除けの効果はあるそうですよ。

大山寺の絵馬
本堂前では、きれいな絵馬も売られていました。

大山寺の宝篋印塔
宝篋印塔 (ほうきょういんとう) です。
香花を供えて右回りに3度回ると、願いがかなうといわれているそうです。

大山寺の鐘桜
鐘桜 (しょうろう / しゅろう) です。

大山寺の鐘桜
それにしても、大きな鐘ですね。

大山寺の八大童子
八大童子です。

大山寺の八大童子
8体そろうと、神々しさを感じますね。

阿夫利神社下社への登山道
登山道 (女坂) の入り口です。
ここから、阿夫利神社下社へと向かいます。

登山道のトイレ
入り口には、トイレが設置されています。

女坂
こんな感じで、また登っていきます。

女坂
そこそこ急なので、結構疲れます。

女坂
ひたすら、無心で登っていきます。

女坂
途中、ケーブルカーの線路と思われるものが見えました。

女坂
再び、熊出没注意の看板がありました。

男坂と女坂の合流地点
従是 (これより) 女坂道と書いてあります。
ここで、男坂と女坂が合流します。

男坂と女坂の合流地点
合流地点の看板です。

男坂と女坂の合流地点
合流地点には、女坂の七不思議の看板がありました。

阿夫利神社下社~

阿夫利神社下社の周辺案内図
ようやく、阿夫利神社下社まで来ました。

阿夫利神社下社の案内板
阿夫利神社下社からは、ケーブル駅や見晴台方面にも行くことができます。
山頂を目指すので、写真左奥にある蓑毛 (みのげ)・大山山頂方面に向かいます。

阿夫利神社下社の茶屋
阿夫利神社下社への階段の前に、茶屋があります。

茶屋のルーメソ
茶屋では、ルーメソなるものを売っています。
のれんの柄で何となく分かると思いますが、ラーメンのことです。

参考 ルーメソってなんだ? 話題呼ぶ謎ののれんカナロコ

茶屋のメニュー
茶屋のメニューです。
こちらも、しっかりルーメソになっていますね。
どうせだったら、醤油ラーメンも醤油ルーメソにしてほしかったです (笑)

阿夫利神社下社への階段
阿夫利神社下社への階段です。
下の方は、まだ紅葉が浅いですね。

阿夫利神社下社への階段
他の観光客と一緒に、頑張って階段を上ります。

階段の途中にある手水場
階段の途中には、手水場 (ちょうずば) があります。

阿夫利神社下社への階段
階段を上りきって、上から写真を撮ってみました。

周辺の景色
こちらは、紅葉を上から撮ってみました。
手前の木は、まんべんなく紅葉していてきれいですね。

周辺の景色
こちらは、周辺の景色です。
山頂まではまだまだですが、阿夫利神社下社からでも景色はきれいです。

阿夫利神社下社の拝殿
阿夫利神社下社の拝殿です。
ご祈祷をするところですね。

阿夫利神社下社の授与所と客殿
授与所と客殿です。

阿夫利神社下社のごま木
ごま木です。
おたきあげをするところですね。

阿夫利神社下社の授与所
授与所です。
お守りや御神札 (ごしんさつ) を受け取るところになります。
また、御朱印の申し込みもここでするそうです。

阿夫利神社下社の客殿
客殿です。
ご祈祷してもらう場合の待合室になるそうです。

もみじ汁
客殿の前あたりで、もみじ汁を売っていました。
調べてみたところ、豚汁のことのようですね。
食べ終わった方が、「豚汁だったね~」といっていたのが印象的でした。

獅子山
獅子山です。
富士山の岩を使って復興されたそうです。

権田直助翁の像
権田直助翁の像です。

頂上登山口方面
頂上に登るために、登山口の方に向かいます。

紅葉
登山口に向かう通路のあたりは、特に紅葉がきれいでした。

紅葉
アップにしたところです。

入山祓所
入山祓所です。
有料だったので、今回はスルーしました。

天満宮
天満宮です。
菅原道真公を祀っているそうです。

頂上登山口の階段
頂上登山口の階段です。
ここからが本格的な登山ですが、いきなりハードです。

頂上登山口の階段
こちらは、階段の上から撮ったところです。

紅葉
登っていると、たまに紅葉がきれいな場所があります。

紅葉
拡大すると、こんな感じです。

登山道4丁目
登山道には、定期的に石柱が立てられています。
全部で28丁目まであると、親切な登山客の方が教えてくれました。

登山道
登山道は、想像していたよりもハードでした。
初心者には、結構つらいです。

大木
途中、ジブリ映画に出てきそうな大木がありました。
遠くにいるせいもありますが、人が小さく見えますね。

大木
こちらも、かなり立派な木です。
神々しさを感じますね。

登山道5丁目
5丁目まで来ました。
まだまだ先は長いです。

登山道
ひたすら、登っていきます。

夫婦杉
途中、夫婦杉という杉の巨木がありました。
樹齢500年~600年とのことです。

夫婦杉
こちらは、夫婦杉の上の部分です。

登山道9丁目
いつの間にか、9丁目まで来ました。
余裕がないせいか、6~8丁目は目逃してしまったみたいです。

大木
また、立派な木がありました。

大木
コケや草におおわれていて、雰囲気がありますね。

登山道10丁目
10丁目です。

枯れ木
途中、枯れ木の群れがありました。
たくさんあったので、枯れているわけではないのでしょうか?

登山道11丁目
11丁目です。

登山道12丁目
12丁目です。

登山道13丁目
13丁目です。
写真の少なさが、私の疲労度を物語っていますね (笑)

登山道
まだ半分も来ていないので、根性で登ります。

風景
休憩がてら、山の隙間から街の景色を撮ってみました。
が、分かりにくいですね。

ぼたん岩
ぼたん岩です。
球体の岩は言い過ぎのような気もしますが、たしかに丸っぽい石がありますね。

天狗の鼻突き岩
天狗の鼻突き岩です。
天狗が鼻を突いてあけた穴だといわれているそうです。
穴をあけているところを想像すると、ちょっとシュールですね。

登山道15丁目
15丁目まで来ました。
ようやく、半分を超えました。

登山道16丁目
16丁目です。

16丁目の案内板
16丁目にある案内板です。
山岳救助隊が立てたようです。

16丁目の案内板
もう1つ、別の案内板がありました。
ここから山頂まで、あと40分とのことです。

登山道
先に進んでいくと、初めて人工的な階段がありました。
ずっとこれだったら歩きやすいのですが、残念ながら、すぐになくなってしまいました。

登山道17丁目
17丁目です。

登山道18丁目
18丁目です。
あと10個です。

登山道19丁目
19丁目です。

富士見台 (20丁目) ~

登山道20丁目
20丁目の富士見台まで来ました。
正直、もうヘトヘトです。

登山道21丁目
21丁目です。

登山道22丁目
22丁目です。
倒れてしまったのか、石柱がロープで支えられていました。

案内板
案内板がありました。
山頂まであと600メートルとのことで、少し元気が出てきました。
また、落し物であろう帽子が案内板にかけられていて、人の優しさを感じました

登山道
ここまで来たら、あとは気合で登ります。

登山道23丁目
逆光で見づらいですが、23丁目です。

登山道
ここにきて、再び嬉しい人工階段です。

案内板
山頂まで、あと300メートルです。

ヤビツ分岐 (25丁目) ~

登山道25丁目
25丁目のヤビツ分岐まで来ました。
あと3つです。

登山道
気力を振り絞って、登ります。

登山道26丁目
26丁目です。
残りあと2つです。

登山道
何も考えずに、登ります。

登山道
途中、新しいタイプの人工階段がありました。

登山道
遠くに、鳥居が見えてきました。

鳥居
鳥居のアップです。

登山道27丁目
27丁目です。
残りあと1つです。

登山道
もう少しという思いで、足も自然と軽くなります。

大山山頂 (阿夫利神社本社)

本社の鳥居
ついに到着しました。
阿夫利神社本社の鳥居です。

登山道28丁目
鳥居の横には、28丁目の石柱があります。

前社
前社です。
この日は閉まっていました。

灯篭
前社と本社の間には、灯篭が並んでいました。

阿夫利神社本社
阿夫利神社本社です。

阿夫利神社本社
もう少し寄ってみました。

大山頂上本社の石柱
大山頂上本社の石柱です。
標高は、1,247メートルです。

大山山頂の木柱
大山山頂の木柱です。
標高は、1,251.7メートルです。

大山山頂の標石
大山山頂の標石です。
神奈川の景勝50選に入っているようです。

山頂からの景色
山頂からの景色、その1です。

山頂からの景色
山頂からの景色、その2です。

山頂からの景色
山頂からの景色、その3です。

奥社
奥社です。
残念ながら、閉まっていました。

案内板
見晴台の方に少し下りてみます。

休憩所
休憩所がありました。
ここでご飯を食べるとよいと思います。

トイレ
休憩所の先には、トイレがありました。
私は初めて見たのですが、チップ制になっているみたいです。
少し調べてみましたが、強制ではないので、入れなくても問題ないみたいです。

下りの様子

大山山頂 (阿夫利神社本社) ~

登山道
山頂はかなり寒かったので、疲れを癒すのもそこそこに、下りはじめました。

登山道
登りとは別ルートで下っていきます。

登山道
下りとはいえ、たまに登り坂もあります。

登山道からの景色
休憩がてら撮った、風景写真です。
残念ながら、ちょっとかすんでいました。

案内板
案内板がありました。
あと1.6キロなので、まだまだですね。

案内板
ほぼ同じ場所に、別の看板がありました。
こちらだと、なぜかあと1.8キロになっています。

登山道からの景色
山と雲がいい感じだったので、撮ってみました。
わりときれいに撮れたと思います。

登山道
ひたすら、下りていきます。
前の方にご年配の方がいらっしゃいましたが、この方のほうが下りるのが早かったです。

花
名前の分からない花 (?) が咲いていました。

登山道
途中、鎖を使って下りる急な場所がありました。

案内板
見晴台の案内板がありました。
距離が書いていないので、ちょっと不安になります。

案内板
すぐに別の案内板があり、こちらは距離が書いてありました。
残り200メートルなので、あと少しです。

見晴台~

見晴台
1時間以上かかって、ようやく見晴らし台に着きました。
かなり疲れていたので、ここで少し休憩しました。

二重の滝~

二重の滝
二重の滝の二重社ですが、すっかり日が落ちてしまって、うまく撮れませんでした

阿夫利神社下社~

阿夫利神社下社のライトアップ
阿夫利神社下社に着きました。
ライトアップが始まっていたので、何枚か写真を撮りました。

阿夫利神社下社のライトアップ
阿夫利神社下社への階段の下から撮ったものです。

阿夫利神社下社のライトアップ
こちらは、階段の上から撮ったものです。

阿夫利神社下社のライトアップ
こちらは、天満宮の前あたりの紅葉を撮りました。

阿夫利神社下社のライトアップ
天満宮の前あたりの紅葉、その2です。

阿夫利神社下社
こちらは、ケーブル駅に向かう老夫婦を撮りました。
暗めの照明と合わさって、よい雰囲気ですよね。

女坂
写真を撮り終えたので、女坂を下って大山寺に向かいます。

沿線ライトアップ
途中、ケーブルカーの沿線ライトアップが近かったので、撮ってみました。

大山寺~

大山寺のライトアップ
足の疲労がピークの中、何とか大山寺に着きました。
こちらもライトアップされていたので、何枚か写真を撮りました。

大山寺のライトアップ
こちらは、本堂前の階段の上から撮ったものです。

大山寺のライトアップ
本堂もライトアップされていました。

女坂
写真を撮り終わったので、再び女坂を下ってケーブル駅を目指します。
私は、疲労度がMAXだったので、正直ケーブルカーで下りたかったです。
しかし、同行者が歩くというので、仕方なく合わせました。

大山ケーブル駅~

疲労とあたりの暗さで、写真は撮れていません。
地味に、最後のこま参道がつらかった記憶があります。

大山ケーブルバス停~

こちらも、写真は撮れていません。
二人とも無言で、ひたすら歩いていました。

伊勢原市営大山第1駐車場

大山第1駐車場
ようやく、スタート地点の大山第1駐車場に着きました。
あたりは真っ暗で、私たち以外の車は、1台しかありませんでした。
何はともあれ、お疲れ様でした。

かかった時間

登りにかかった時間

登りにかかった時間は、「4時間1分」でした。

詳細については、次のとおりです。
阿夫利神社下社までもキツいですが、やっぱり、そこからの本坂が一番キツかったです。

場所時刻時間
小計合計
伊勢原市営大山第1駐車場11:20スタート
0分
4時間1分
大山ケーブルバス停11:34
14分
大山ケーブル駅11:50
16分
大山寺12:26
36分
阿夫利神社下社13:03
37分
富士見台 (20丁目)14:37
94分
ヤビツ分岐 (25丁目)15:01
24分
大山山頂 (阿夫利神社本社)15:21
20分

公式の「大山散策コースのご紹介」によると、参考タイムは、合計で「145分」です。

  • 大山ケーブルバス停~大山ケーブル駅: 15分
  • 大山ケーブル駅~大山寺: 20分
  • 大山寺~阿夫利神社下社: 20分
  • 阿夫利神社下社~大山山頂: 90分

一方、こちらは、駐車場からバス停までの時間を引くと、「227分」かかっています。
参考タイムの1.5倍以上かかっている計算になるので、ちょっと遅い気がしますね。

初心者かつ写真を撮りながらだったことを考慮すると、こんなところなんでしょうか。

下りにかかった時間

下りにかかった時間は、「2時間29分」でした。
途中、紅葉ライトアップの写真を撮っていたので、この時間は抜かしています。

詳細については、次のとおりです。
最初のポイントの見晴台までがすごく遠くて、ちょっと心が折れそうになりました。

場所時刻時間
小計合計
大山山頂 (阿夫利神社本社)15:34スタート
0分
2時間29分
(3時間49分)
見晴台16:40
66分
二重の滝17:00
20分
阿夫利神社下社17:18
18分
(ライトアップ写真撮影)18:28
(70分)
大山寺18:40
12分
(ライトアップ写真撮影)18:50
(10分)
大山ケーブル駅19:04
14分
大山ケーブルバス停19:14
10分
伊勢原市営大山第1駐車場19:23
9分

公式の「大山散策コースのご紹介」によると、参考タイムは、合計で「130分」です。

  • 大山山頂~見晴台: 60分
  • 見晴台~二重の滝: 20分
  • 二重の滝~阿夫利神社下社: 10分
  • 阿夫利神社下社~大山寺: 15分
  • 大山寺~大山ケーブル駅: 15分
  • 大山ケーブル駅~大山ケーブルバス停: 10分

一方、こちらは、バス停から駐車場までの時間を引くと、「140分」かかっています。
参考タイムの10分遅れですが、誤差だと思ってよいのではないでしょうか。

下りは、日が落ちて暗くなったのと疲労のため、道中の写真をあまり撮りませんでした。
そのため、登りとは違って、公式と同じくらいの時間になったのではないかと思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

完全な初心者の私でも、一応、ケーブルカーを使わずに登頂することができました。
よって、経験者の方であれば、ケーブルカーを使わなくても問題なく登れると思います。

また、私と同じ初心者の方は、ケーブルカーを使えば無理なく登れると思います。
ケーブルカーなしでも登れると思いますが、かなりつらかったので、おすすめしません。

ちなみに、私は家に帰ったあと、お風呂に入ってから泥のように眠りました。
また、3日経った今でも、太ももとふくらはぎがパンパンで筋肉痛です (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です