パルシステムの通常版とアプリ版 (タベソダ) の違いとは?

カタログサービスとタベソダ

こんにちは、こやです。

「パルシステムのアプリ版 (タベソダ) って通常のパルシステムと何が違うの?」
「通常版とアプリ版のどっちを使ったらいいの?」

という方のために、パルシステムの通常版とアプリ版の違いをまとめてみました。

パルシステムの通常版とアプリ版の違い

カタログサービスとタベソダ
出典: パルシステム

通常版とアプリ版とは

パルシステムには、次の2種類のサービスがあります。

  1. カタログサービス
    • 定期的にカタログが送られてくる「通常の宅配サービス」
  2. タベソダ
    • アプリで完結する「スマホ向けの宅配サービス」

本記事では、便宜上、カタログサービスを通常版、タベソダをアプリ版と呼んでいます。

通常版とアプリ版の違い

カタログサービス (通常版) とタベソダ (アプリ版) の違いは、次のとおりです。

項目カタログサービス
(通常版)
タベソダ
(アプリ版)
注文方法注文用紙×
Webサイト×
アプリ
配達頻度毎週注文週のみ
カタログ配布ありなし
手数料金額194円~216円162円~194円
注文しない週かかるかからない
取扱商品コトコト掲載品
きなり掲載品×
その他掲載品
減免制度・高額利用優遇
・割引制度
・ベイビー特典×
・キッズ特典
・シルバー特典×
・ハンズ特典
・フリー特典
×
・ふれんどパル
・グループパル
×
加入出資金1,000円~2,000円
(脱退時に返却)
加入特典最大3,000円クーポン
(Web加入時のみ)
最大3,000円クーポン
注文開始カタログが届き次第加入手続き完了次第
加入手続きWeb
電話
アプリ

詳細については、次項からご説明していきます。

注文方法の違い

注文方法の違いは、次のとおりです。

項目カタログサービス
(通常版)
タベソダ
(アプリ版)
注文方法注文用紙×
Webサイト×
アプリ

パルシステムの注文方法には、次の3つの方法があります。

  1. 注文用紙で注文する方法
    • マークシートなどに使われているOCRという紙に、鉛筆で記入して注文する
  2. Webサイトで注文する方法
    • PCやスマホなどから、ブラウザでWebサイトに接続して注文する
  3. アプリで注文する方法
    • スマホやタブレットなどから、専用のアプリ (※) を起動して注文する
MEMO
  • カタログサービスのアプリ
    • webカタログ
    • ぽちパル
  • タベソダのアプリ
    • タベソダ

カタログサービスの場合は、全ての注文方法に対応しています。

タベソダの場合は、アプリでの注文方法にしか対応していません

配達の違い

配達の違いは、次のとおりです。

項目カタログサービス
(通常版)
タベソダ
(アプリ版)
配達頻度毎週注文週のみ
カタログ配布ありなし

カタログサービスの場合は、毎週1回、地域で決められた曜日に配達があります。
これは、注文がない週も同様で、その場合は紙のカタログだけが配布されます。

タベソダの場合は、注文があった週しか配達がありません
配達の際に、紙のカタログは配布されません。

手数料の違い

手数料の違いは、次のとおりです。

項目カタログサービス
(通常版)
タベソダ
(アプリ版)
手数料金額194円~216円162円~194円
注文しない週かかるかからない

手数料 (送料) は、タベソダの方が安く設定されています。
なお、金額は、地域によって異なります。

詳細については、次の記事をご確認ください。

パルシステムのトラックパルシステムの手数料 (送料) はいくら?無料や割引になる条件は?

また、カタログサービスの場合は、注文しない週にも手数料がかかります
タベソダの場合は、注文しない週には手数料がかかりません

取扱商品の違い

取扱商品の違いは、次のとおりです。

項目カタログサービス
(通常版)
タベソダ
(アプリ版)
取扱商品コトコト掲載品
きなり掲載品×
その他掲載品

「コトコト」や「きなり」というのは、パルシステムの商品カタログの名前です。
商品カタログには、次のようなものがあります。

分類カタログ名キーワード
メインカタログコトコト子育て
きなり大人だけ
オプションカタログyumyum For Baby&Kids赤ちゃん・幼児
ぷれーんぺいじアレルギー
ケア・さぽーと介護
Link Ring Love犬・猫

カタログサービスの場合は、全てのカタログに掲載されている商品が注文できます

タベソダの場合は、きなりのみに掲載されている商品は注文できません
また、その他のカタログの掲載品については、商品によって注文の可否が異なります。

減免制度の違い

減免制度の違いは、次のとおりです。

項目カタログサービス
(通常版)
タベソダ
(アプリ版)
減免制度・高額利用優遇
・割引制度
・ベイビー特典×
・キッズ特典
・シルバー特典×
・ハンズ特典
・フリー特典
×
・ふれんどパル
・グループパル
×

減免制度とは、パルシステムの手数料 (送料) の割引制度です。

カタログサービスの場合は、全ての減免制度に対応しています。
タベソダの場合は、割引制度とキッズ特典にしか対応していません

ただし、減免制度の有無は、地域によっても異なります。
ベイビー特典とキッズ特典については、次の記事をご確認ください。

ベイビー特典とキッズ特典パルシステムのベイビー特典とキッズ特典とは?各地域の特典内容は?

その他の制度については、次の記事をご確認ください。

パルシステムのトラックパルシステムの手数料 (送料) はいくら?無料や割引になる条件は?

加入の違い

加入の違いは、次のとおりです。

項目カタログサービス
(通常版)
タベソダ
(アプリ版)
加入出資金1,000円~2,000円
(脱退時に返却)
加入特典最大3,000円クーポン
(Web加入時のみ)
最大3,000円クーポン
注文開始カタログが届き次第加入手続き完了次第
加入手続きWeb
電話
アプリ

出資金は、カタログサービスの場合もタベソダの場合も、内容は同じです。
次のとおり、地域によって最低金額が異なりますが、いずれも脱退時に返金されます。
また、必要に応じて、増資することが可能です。

  • 1,000円
    • 東京、 神奈川、 千葉、 埼玉、 茨城、栃木 (佐野市、足利市以外)、静岡、新潟
  • 2,000円
    • 栃木 (佐野市、足利市)、 群馬、 福島、 山梨

加入特典は、どちらの場合も、最大3,000円のクーポンになります。
ただし、カタログサービスの場合は、Webから加入手続きを行うことが条件です。

注文できるタイミングは、次のとおりです。
タベソダの方が、注文できるようになるタイミングが早いです。

  • カタログサービスの場合
    • 加入手続き完了後、カタログが届いてから注文可能
  • タベソダの場合
    • 加入手続き完了後、すぐに注文可能

加入手続きは、カタログサービスの場合は、Webか電話から行います。
タベソダの場合は、アプリ (タベソダ) から行います。

通常版とアプリ版のメリットとデメリット

通常版のメリット

カタログサービス
出典: パルシステム

カタログサービスのメリットには、次のようなものがあります。

注文方法が多い

カタログサービスには、注文用紙・Webサイト・アプリと、色々な注文方法があります。
そのため、例えば次のように、自分に合った方法で注文することができます

  • PCやスマホの扱いに慣れていない高齢者
    • 注文用紙
  • PCの扱いに慣れている中高齢者
    • Webサイト
  • PCを持っていない若年者
    • スマホ

取扱い商品が多い

カタログサービスは、タベソダと違い、対象となるカタログの縛りがありません。
そのため、たくさんの商品から選んで注文することができます

減免制度が多い

カタログサービスは、全ての減免制度に対応しています。
そのため、地域にもよりますが、割引サービスを受けられる可能性が高くなります

通常版のデメリット

カタログサービス
出典: パルシステム

カタログサービスのデメリットには、次のようなものがあります。

注文しない週にも手数料がかかる

カタログサービスは、注文しない週にも手数料がかかります。
そのため、毎週利用しない家庭には、あまりコストパフォーマンスがよくありません

大量のカタログが届く

カタログサービスは、毎週大量のカタログが届きます。
枚数や重さがそこそこあるため、思ったよりも保管や処分が大変です。

アプリ版のメリット

タベソダ
出典: パルシステム

タベソダのメリットには、次のようなものがあります。

注文しない週には手数料がかからない

タベソダは、注文しない週には手数料がかかりません。
そのため、手数料のことは気にせずに、使いたいときだけ気軽に使うことができます。

アプリ版のデメリット

タベソダ
出典: パルシステム

タベソダのデメリットには、次のようなものがあります。

注文方法が少ない

タベソダには、注文方法がアプリしかありません。
そのため、スマホ利用に慣れていない高齢者などには、不向きです。

私もアプリを入れてみましたが、使いやすさは、Webサイト (PC) の方が上だと思います。
人によっては、ストレスを感じるかもしれません。

また、タベソダのアプリが動かない・重いといった口コミがありました。
利用する場合は、一度アプリをインストールして、動作確認することをおすすめします。

取扱い商品が少ない

タベソダは、「取扱商品の違い」のとおり、対象となるカタログの縛りがあります。
そのため、カタログサービスと比べると、注文できる商品が少なくなります

減免制度が少ない

タベソダは、「減免制度の違い」のとおり、利用できる減免制度が少ないです。
そのため、地域にもよりますが、割引サービスを受けられる可能性が低くなります

注文しない週は梱包材の回収がない

共働きなどで荷物を受け取れず、留め置きを検討されている家庭もあると思います。
その場合、通常は、翌週の配達時に梱包材を回収してもらいます。

しかし、タベソダの場合は、注文しない週は配達がありません。
そのため、梱包材の回収は、次の配達がある週まで持ち越しになります。

通常版とアプリ版のどちらを使うべきか

カタログサービスとタベソダは、併用することができません。
どちらを使うべきかは、利用ケースによって異なります

また、こちらの表のとおり、基本的にはカタログサービスの方が優秀だと考えています。
そのため、迷った場合は、ひとまずカタログサービスにしておくことをおすすめします。

どちらからでも、あとで無料で切り替えることが可能です。

通常版を使うべきケース

カタログサービス
出典: パルシステム

カタログサービスを使うべきケースは、次のとおりです。

  • 毎週かそれに近い頻度で利用を考えている場合
  • 高齢者など、スマホを持っていない・利用に慣れていない場合
  • なるべく多くの商品から選びたい場合
  • 留め置きの利用を考えていて、毎週梱包材の回収をしてもらいたい場合

アプリ版を使うべきケース

タベソダ
出典: パルシステム

タベソダを使うべきケースは、次のとおりです。

  • パルシステムを補助的に使う場合など、利用頻度が少ない場合
  • 紙のカタログが不要で、ペーパーレスにしたい場合

終わりに

いかがでしたでしょうか。

こうして比較してみると、似ているようで結構違いますよね。
メリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったものを使うようにしたいですね。

資料請求はこちら

おためしセットの申し込みはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です